FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

drupal



夢を信じて - 徳永英明

ただひたすら懐かしい感じがいいですね。


バイトでCMSのdrupalっていうのを使ってシステム構築のお手伝いをしています。
cssだったりmoduleをいじったりと、
でっかいシステムはどこにどう影響が出るのか分かりにくいので、
怖いですね。


その中でものすごく躓いたところをいくつかアウトプットしときます。

xc searchっていうモジュールをつかってて、
そのなかでgoogle suggest apiを使っている部分で日本語のsuggest内容をとってくるときどうしても文字化けが治せませんでした。
文字コードはUTF-8でブラウザからAPI使ってファイル見てもutf-8だから問題なさそう・・・

しかし、linuxでwgetコマンドを利用してヘッダーまでいっしょに取得したらShift-JISでした。
なんという文字コード詐欺。
こういうこともあるんですね。
ちゃんとヘッダーで確認しなきゃだめなのか・・・。
てか文字コードの問題ってインターネットのエントロピー(?)を高めている気がする。


もう1つ、モジュール(xc_search.module)内へ関数を追加するとき、
theme_xc_search...
みたいなのを追加するとき、
なぜかサイトのキャッシュをクリアしないと新しい関数をdrupalが認識してくれませんでした。
drupalの本にも書いてなかったのですが…。
原因はいまだに不明です。


バイトもう一人デザイン系の方と一緒にやっているのですが、
最近はデザインするとき<br>タグはなるべく使わない方向らしいですね。
少し隙間がほしいときとかは、なるべくCSSからmargin-topとかで調整する方が最近は主流みたいです。
確かにその方が、全体のデザインバランスなどが調整しやすいんでしょうね。


躓いたところってもっとあるんだけど、
その都度メモしておかないとガンガン忘れていきますね…。

作業ログってのは徹底的に残さないといけません。


comment

 ▼コメントを投稿する

管理者にだけメッセージを送る

つぶやき
プロフィール

GK.Kenta

Author:GK.Kenta
情報系大学院修士2年
来年からは福岡でASP(SaaSを提供)の会社にてSEです
ここではなるべく技術的な事をアウトプットしたいです

drumをば叩いております
live映像はこちらから
http://www.youtube.com/user/kwgt23

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。